うるま市具志川の歯医者さん スマート歯科クリニックの診療案内

 当院では、歯科一般治療(歯周病治療、詰め物、かぶせもの、根の治療、予防、保険義歯等の基本治療)に加え、審美入れ歯、インプラント、ホワイトニング、1dayクリーニング、除菌、いびき治療、スポーツガード作製などの診療を行っています。

 

審美入れ歯

 いわゆる「金属のバネがない」義歯です。治療法としては次第にポピュラーになりつつあります。
 これまで、さまざまなメーカーの素材や、技工所の製品を使用してきましたが、現在三和デンタル社製のスーパーポリアミド系が、材質的にもっとも安定していると考えています。しなやかで、割れることがなく、清潔で、審美性が高いので、現在多くの歯科医院が取り扱っています。
 柔軟性が大きな特徴であるために、どの部分に維持力と強度を持たせるかが設計上のポイントになります。そのため、逆に目立たないところには、義歯の沈み込み防止のための金属レスト、また、義歯全体の強度を上げるための金属プレートをいかにうまく採用するか、また患者さんにいかに提示できるかが重要になってきます。

 別ページに、症例写真を掲載しました。(一部の画像は三和デンタルの了解を得て掲載させていただいております。)ぜひご覧ください。

 歯がないところに、ブリッジを作るか、保険義歯を作るか、あるいはインプラントにするかで、悩まれる方は多いです。外科的なことが苦手、またなるべく歯は削りたくないという方に、もう一つの選択肢として、審美入れ歯をご検討ください。

 

インプラント

 歯を失った部分への処置として、当院がまず患者さんにおすすめするのは、義歯。それからブリッジ(作製できない場合もあります)、そして最終手段としてインプラントを提案することが多いです。
 もし、清掃性や長期にわたる管理のしやすさを考慮した場合、取り外し型の義歯にまさるものはありません。
 もし、短期間で、かみ合わせと見た目を回復する目的なら、ブリッジがいいでしょう。
 もし、審美性としっかりしたかみ合わせを希望するなら、インプラントが理想的です。

 以上の点を、患者さんに説明して、やはりぜひインプラントが望ましい症例の場合に、治療をおすすめしています。当院のスタンスとしては、インプラントの本数は必要最小限度に、そして、清掃性の点から、それ以外の部位については義歯を同時におすすめすることが多いです。インプラント、義歯、ブリッジなどすべては、入れた時点がゴールではなく、長く衛生的に保つのが目標です。

 

ホワイトニング

 当院はホワイトニングに関して、さまざまな薬剤・術式を使用あるいは検討してきました。
 現在は、なるべくしみることがなく、低濃度で処置が行える光触媒系(オフィスの場合)を使用しています。

 ホワイトニングは「治療」ではなく、「楽しみながら取り組む美容処置」です。

 予想以上に白く輝く方もいれば、色の変化がごくわずかで、残念そうな方がいらっしゃることもあります。
 とはいえ、より多くの患者さんによろこんでいただくことが、私たちのでもよろこびでもあります。大切なことは、説明不足がないようにすること、効果が出にくい症例は最初にお伝えすること、だと考えています。詳細については、別ページに記載しました。ぜひ、すべてのパネルに目を通していただくことをおすすめします。料金については、料金表のページに記載しています。

 

1dayクリーニング

 保険のお掃除は「歯石を取り除くこと」です。歯石が付いた状態は病気であり、病気にたいして医療保険が適用されます。そのためには歯ぐき全体の検査と、場合によりエックス線診断が必要になります。また一度に歯石を除去できる範囲にも制限が設けられています。

 ところで、コーヒー、お茶、タバコなどの着色は、病気とはみなされませんので、保険の適用ができません。そこで、当院では、1dayクリーニングという自由診療の料金体系を設定しました。1日でどの範囲をクリーニング(フル、ライト)するか、患者さんの希望にお応えします。
 早く、デリケートにクリーニングするために、超音波スケーラー(ピエゾンマスター)・パウダークリーニング(プロフィーメイト)、歯面研磨器(iプロフィー)等を用意しました。
 料金の詳細は別ページに記載しました。ぜひご覧ください。

 

除菌

①歯周病菌の除菌

 我々歯科医師も、歯周病の治療は徹底的な清掃を行うことである、という長年の常識がありました。しかしここ10年ほどで、重度な歯周病菌に対しての処置は、まず効果的な抗菌剤をしっかり使用すること、そして、その後、抗カビ剤で歯磨きを行うことと、物理的に歯周組織の清掃を同時進行で行う術式が主流になりつつあります。ただし、すべての方においてこのプログラムが必要となるわけではありません。
当院では、初期の歯周病から重度の歯周病の、各状況にあわせて、除菌もしくは清掃の提案をしております。
 

②虫歯菌の除菌

「キスで虫歯菌はうつりますか?」という質問には、答えは「イエス」です。
食事の口移し、コップの回し飲み、熱い食べ物をフーフーしてお子さんに与える、そのようなことで、菌は人からひとへ移動します。
 でも人間生きている限り、無菌的でいることは不可能です。しかし、虫歯菌、歯周病菌ともに、悪性度の高い菌であるか、あるいはその数が善玉菌に比べ以上に多いかということが重要になります。
 もともと虫歯になるスピードが速く、広範囲に虫歯がある方は、虫歯菌そのものを除菌しなければいけないでしょう。
 歯の表面をクリーニングし、薬剤を入れたマウスピースを即座に装着するという除菌法で、3DSと呼ばれる処置があります。
 この処置もすべての方に必要というわけではありません。虫歯の広がり方、スピードを勘案しておすすめすることがあります。あるいは、歯ブラシを念入りに行っているにもかかわらず、虫歯ができやすい、そのような方には全身的な条件、食事指導、フッ素の摂取とともに3DSを検討していただくことがあります。

 

いびき治療

 いびきは舌の沈下、下あごの後方への下がり、あるいは肥満などによる気道の狭小が原因です。歯科的なアプローチとしては、舌そのものを若干前方に出す器具、もしくは上下の歯全体をマウスピースで固定、あるいは半固定する装置の使用により呼吸音が楽になります。
いびきの治療および器具は現在保険適用ではありません。
 マウスピースなどは、患者さんの口腔内を診断し、必要であれば虫歯治療・歯周病治療を優先した上で作製します。虫歯などの歯にたいしてマウスピースが安定しないためです。当院で扱う器具・治療法は以下の3種類です。

■種類■
 ①スマイルスリーパー(舌前方牽引型の簡易型器具)
 ②上下固定型マウスピース
 ③上下分離型マウスピース(サイレンサー等)