うるま市具志川の歯医者さん スマート歯科クリニックの審美入れ歯

審美入れ歯の種類を一部掲載します。

1.png

審美入れ歯少数歯タイプ
1歯だけがない場合、比較的多いのがブリッジを作製することでしょう。もし歯を削ってブリッジを作製することに抵抗があるなら、このような1歯単位の審美入れ歯もおすすめします。

13322.png

審美入れ歯少数歯タイプ
保険の義歯では金属製のバネを最低でも2か所にかけることが必須です。
審美入れ歯ならこのような仕上がりになります。 

1332.png

審美入れ歯標準タイプ
左側の小さな金属部分はあまり目立たないところにあえてつけるメタルレストといいます。
義歯が、歯ぐきに食い込むことを防止するアイディアです。
右側には、樹脂レストがあります。

13321.png

審美入れ歯金属床タイプ
うすく幅広の金属(チタン、コバルト)を使用することにより、難しい症例でも安定した義歯が作成できます。
おもてには金属のバネは一切使用しません。

13322.png

審美入れ歯金属床タイプ
金属床タイプの、より複雑な症例です。材質はチタン、もしくはコバルトです。

1332.png

審美入れ歯シリコン加工
歯ぐきがデリケートな方にシリコン加工を行うことがあります。
さらに柔らかいフィット感が得られます。
定期的にシリコン部分は張替が必要になります。

1332.png

マグネット義歯
ミニインプラント併用の義歯の例です。図は総義歯タイプですが、部分義歯でも作製できます。
部分義歯の場合は金属製のバネが少なくなり、すっきりした設計になります。義歯の床の材質はポリアミドではなくレジンになります。